薪づくり

【薪づくり】ナラ原木の玉切りスタート!

お久しぶりです、薪屋のごめさんです!

今シーズンの薪も完売して大変嬉しい限りですが、

すでに来シーズン用の薪づくりはスタートしています!

先日、山から原木を輸送してきたけれど雪が降ったりと天候が安定しなくてできなかった

次の作業ステップ…『玉切り』スタート!

※玉切りとは、長い原木を一定の長さ(約40センチ)に切り揃えることです。

作業前の準備:チェーンソー三兄弟

今回は薪の生産量を2倍以上になるので、

玉切り作業のメインとなる『チェーンソー』を3種類用意しました!

  •  小型:スチール製 ← 細い木をたくさん切る時に使用
  •  中型:共立製 ← オールラウンドに使用
  •  大型:ハイガー産業製 ← めちゃくちゃ重いので大木以外は使用しない

 

薪ストーブユーザー
薪ストーブユーザー
なぜ3台ものチェーンソーを用意する必要があるの?
ごめさん
ごめさん
作業時間が長い場合、それぞれのチェーンソーを交互運転する事で、1台に対するエンジン負荷が軽減できます。

 

作業前の準備:服装

作業する前に忘れがちな服装について…

チェーンソーで玉切りするくらいなら作業服で十分だと感じている方も多いと思います。

私は絶対に間違いだと思っています。

 

チェーンソー事故(キックバック)が大変多い、絶対に下半身は保護具を付けましょう!

私も必ず『チャップス+安全靴』は付けて玉切り作業を行っています。

 

チェーンソーの刃の回転数は想像以上に早く、思わぬ一瞬触れただけで簡単に足は切れてしまいます。※場合によって林業用ヘルメットも着用します!

いよいよ玉切り作業スタート

今回は太めの木が大変多い為、原木をパレットに載せて玉切りする方が楽でした。

パレットの上では原木は回転・移動しやすく、パレットを2段積むことで腰の負担も軽減できます。

玉切り作業はできれば2人作業の方が原木の移動などで作業効率が全然違います。

現在約18トン近くの原木を玉切りするのに、目標は1週間で切り終えようと思っています。

原木は山で伐採して1年経過したもので、堅く良質な広葉樹のナラを使っています!

 

玉切りした後は

玉切りした後の木々たちは、日当たりと風当たりがいい場所で1ヶ月程度放置…

私はこれを『玉切りの壁』と呼んでいます。一番美しい状態と思っています。

1ヶ月程度放置した木の玉は、表面にヒビが入り始めて薪割りしやすい状態になります。

ヒビに薪割り機の刃を合わせると容易な力で割れて、キレイな薪に仕上がります!

来シーズン用の薪はお早めに!

来シーズン用薪の予約開始しています!

今シーズンの薪は12月頃に完売してしまい、薪を必要としているお客様の声にお応えできず大変悔しい想いがありました。

そんな声に応える為に326-woodsでは、来シーズンの生産量を2~3倍に増やしています!

是非、326-woodsの『こだわりのナラ薪』を使ってみてください!